株式会社バウ設計集団|Info|沖縄の建築

沖縄の建築

㈱バウ設計集団 上与那原 恒

2012.07.30

沖縄の建築で、私の好きな建物を幾つか紹介したいと思います。

 

33.jpg

聖クララ修道院(与那原町)

設計:片岡 献+SOM 
1958年、米軍キャンプ施設の設計に携わっていた片岡 献氏が
シカゴに本拠地を持つ「SOM」の協力を得て建設された教会。
『個人的に沖縄の建築で、一番好きな建物です。』

 

22.jpg

旧大宜味村役場(大宜味村)

設計:清村 勉

沖縄最古の鉄筋コンクリート建造物(今から約87年前に竣工)

台風・白アリ被害の多さより建物の改良を考え、

本土でも木造が主流の時代に鉄筋コンクリート造(RC造)の普及に挑んだそうです。

『この建物は現在も使用され、県指定有形文化財に指定されています。』

 

11.jpg

名護市庁舎(名護市)

設計:像設計集団

天井に設けられた「風の道」から海風・陸風を取り入れて通風、換気に利用し、

空調設備に依存せずに快適な環境をつくり出す事が意図されています。

『風土に根ざした建築を目指した、その建築プロセスが素晴らしいです。』

 

 

2012/07/30