Home > Info

株式会社バウ設計集団|Info|

Dビル新築工事 地鎮祭

a.jpg

先日現在進行中のプロジェクト 「Dビル」の地鎮祭がありました。

原料糖を製造する会社のオフィスビルで立地は那覇市内です。


これからの工事の進捗が楽しみです。P1060223.JPG

2014/06/11

建築ジャーナル 「沖縄の建築家とつくる家」に掲載されました。

建築ジャーナル.jpg

建築ジャーナルより8月1日に発行された 「沖縄の建築家とつくる家」に 「NZ邸 那覇市」が掲載されました。

23人の沖縄の建築家の作品が収録されているほか 沖縄の風土や気候を考慮した暮らし方などが盛り込まれており これからの家づくりのパートナーを探すための 自身にとって良きガイドブックとなり得そうです。

沖縄の書店にて発売予定です。

2013/08/22

リノベーション

                                     ㈱バウ設計集団 赤嶺 周作

昨年、家族構成の変化に伴うライフスタイルの変化もあり、祖父母から譲り受けていた住宅(築20年)をリノベーション。プランから工事完了(引き渡し)まで≒9ヶ月間(内装工事6ヶ月)と時間と費用はかかったが、
新築同等以上の品質・空間を得られ、快適な生活を送っている。
 
 さて、一般的にリノベーションリフォームとの違いとは具体的に何が違うのと思われる方が多いのではないでしょうか。

リノベーションは、スケルトン(構造体)とインフィル(内装・設備)に分け、インフィルの一新、時代の変化に対応させ、性能以上に再生する手法。
リフォームは、壁紙の張り替え、設備の取り換え等と建築当初の性能に戻す。比較的小規模な工事を示します。
したがって費用の面でも随分と違います。

 国交省定義
  ●リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)
  ●リフォーム=新築時の目論見に近づく様に復元する(修繕)

 今、わが国では、長年の少子化等による人口減少(自然増減)傾向である。地域によっては流出人口(社会増減)も重なり問題となっている。 その社会問題と比例していく空き家をリノベーションする人が増えてきている。
 
 リノベーションの場合、新築と比べて、単純に躯体費用が安くなる。そう考えると、内装や設備などで妥協せずに、新築よりもお金をかけてこだわることができる。
中古物件を購入する方は、中心部への住居が確保しやすい。などのメリットがある。
       ※スケルトン(構造体)の状態(補修・補強内容)によっては、新築(中古住宅購入を考えている場合)or建て替え(持家の場合)の方が有利(金額的に)となる場合はがあるが・・
   
 沖縄県の場合、人口減少(自然増減)は、全国平均を下回っており、かつ流入人口(社会増減)などもあり、空き家率は低いので適当な物件を見つけることは容易ではないが、
コスト削減、環境への配慮などを、マイホーム計画の中に、戸建やマンションの中古物件を購入し、自分スタイルにリノベーションする選択もあるのではないか。



 ■一つ注意しておくべきことがあります。ローンを組む場合の返済計画です。

中古住宅の場合、建物の耐久性が考慮され、借入期間が短くなる可能性があるので注意が必要です。
 例として RC造の場合 (耐用年数 45年)
45年(耐用年数)から20年(築年数)を引いたのこり25年が返済期間。
 ※各金融機関へ物件の利用できる返済年数を確認した上で、返済できるか検討が必要です。

 

 ■我が家
      1階部分(1LDK)の仕上げは、自然素材でまとめ照明はLED(ダウンライトで統一)した。
      2階(4部屋+水廻り)は予算の都合により施工業者指定材料

DSC06167.JPG■1階 壁(一部に化粧合板使用)・天井は、漆喰塗装仕上げ
    床は、杉集成材(180×1450×27) ワックス仕上げ 
        メリット  :匂いが良い。足触りが良く暖かく気持ちが穏やかになります。
        デメリット:柔らかく傷がつきやすい 傷、汚れが気になる人は、おすすめできません。

    

DSC06077.JPG



■掲示板の設置 まだ、子供が幼く学校からの連絡事項が多いのでスペースを設けた。安全性に配慮しマグネットがつく壁紙を選択








DSC06157.JPG
■塀 通行の多い道路に面した建物は、引きもないので、プライバシーを確保する高い塀を設置せざる得ない。そこで 一工夫したのが、通行人の目線よりも低い位置を開けたこと。開けることで、塀の圧迫感を軽減し、通りと緑、気配を互いに目線を合わせることなく共有。通風も確保し、防犯対策にもつながる

2013/08/12

プロムナードのある交歓の場

                                                                         

 

  (株)バウ設計集団 当真なな子                                                 2013.6.14
 

 

 那覇市松尾にある八汐荘が、老朽により5月いっぱいで53年の歴史に幕を閉じました。

八汐荘は教職員の為の共済会館で、当時県教職員共済会の理事長であった屋良朝苗元知事が文部大臣への要請により建設が実現。離島からの教職員の宿泊や結婚式など宴会などにも利用されたそうです。

 

●現存の八汐荘。宮里栄一氏による独創的な建物。

 

card_img01.jpg

 

そして今回八汐荘の建て替えに伴う「社団法人沖縄県教職員共済会本部会館計競技」が行われ、2013年5月28日の結果発表にて優秀賞をいただきました。

最優秀賞には惜しくも届かなかったものの、私にとって初めての設計競技。

スタッフが団結し、構想の末いただいた優秀賞は筆舌に尽くしがたいものがありました。

 

今回のテーマは  『プロムナードのある交歓の場』 。

 

 ●外観イメージ。

共済会本部会館_外観ボリューム.jpg

 

計画の主な趣旨は、来訪者に対して「わかり易く開放的な構成」とすることです。

会館へのアクセス導線としてのプロムナードに設けている「アマハジキャノピィ」 は、外界としての街と会館との接点として両者を結び合わせる役割を担います。

 

プロムナードは街に解放された領域と考え、街を往来する人達が歩道代わりに安全路 として利用されてもよしと考えます。

ロビーやラウンジ空間および食堂の表情を際立たせて、ひとつの「街並み」を演出するように構成しています。

 

また、日射対策として「PCコンクリート格子+押出形アルミルーバー」で構成するブリーズソレイユをその全面に設置することで、省エネと快適な居住空間を確保するようにします。

デザイン的に何かしら沖縄らしい要素を取り入れたいと思い、格子内に伝統織物であるミンサー織りを所々に体現しています。

 

 

 ●メインである 「プロムナード」イメージ。

プロムナード_階段着色-10_H25.5.jpg この度は建設実現には至りませんでしたが、優秀賞の喜びと共に他の設計事務所の方々の作品から斬新なアイデアやデザイン、プレゼンの表現方法等を学ぶことが出来、私にとって大変意義深い設計競技となりました。

今回の設計競技の経験をふまえ、次回に繋げて更なる飛躍を目指したいと思います。

2013/06/14

社団法人沖縄県教職員共済会本部会館設計競技において優秀作品賞を頂きました

2013年5月28日 八汐荘にて社団法人沖縄県建築士会 第11回建築設計競技 -社団法人沖縄県教職員共済会本部会館設計競技- の結果発表が行われ、優秀作品に選定されました。 

惜しくも最優秀賞には手が届きませんでしたが、スタッフ一丸となって挑戦した結果、我々の案が優秀作品と認められたことには素直に喜んでおります。

次回の機会には、是非とも最優秀賞を頂けるよう日々精進していきたいと考えております。

 

Pro_1_1.jpg Pro_2_2.jpg

2013/06/08